「生きるか死ぬか」

お時間ある時によろしければお読み下さい。

 

職場の上司、同僚、両親、友人、恋人、片想いの相手、学校の先生、スクールのコーチ、etc...

 

人はその人の本音を聞かされれば辛い思いやメンタルブレイクして潰れる事があるでしょう。僕もそうです。誰だってあると思います。

しかし、そこで腐って終わるのか。

それとも気持ちを切り換えて「よし頑張ろう」と思い、前向きな姿勢を見せるのか、それだけで人生は大きく変わると僕は考えています。

「あぁ、こいつは何やらせてもこうなんだろうな。」と思われ見捨てられてしまえばもうそれまでです。

僕は18歳の頃までずっと両親に批判され続け、自分でも多くのコンプレックスを抱えて生きてきました。頭が悪い、要領が悪い、足が遅い、顔も悪い。何一つ良いところがないじゃないか、

と本当に散々ボロカスに言われてきました。

友人にも「お前ほんと不細工だよなーww」なんて言われた事だってあります。

ですが、そこで諦めた事は1度もありません。腐った時期や挫折した事は何度もありました。

しかし、そこで頑張る事を辞めたら人間であり、僕に出来る唯一の事が無くなる気がしたからです。

ですから、例え自分の事を誰1人見ていなくても、誰かに馬鹿にされても、多勢に虐めらても頑張る事を辞めませんでした。

諦めませんでした。逆にラッキーだと思いました。

そして納得のいくまでとことんやり込みました。

その結果、今では両親に認められ僕の人生のバックアップをしてくれます。認めてくれている人が沢山います。応援してくれる人がいます。

皆さんの中にもそういう経験があるのでは無いのでしょうか。

それは自分が腐らずコツコツと地道に努力を積み重ねてきた結果ですよね?

それが他者に認められたからですよね?

自覚をしていないだけでそうであると思います。

もちろん、中には例外もあるでしょう。

 

ちょっとやそっと言われて「あぁもうダメだ」なんて思っていたり、不貞腐れている人はいつまで経っても、歳をとっても、大人になっても状況は悪く自分が不利なままです。

 全ては積み重ねです。塵も積もれば山となるんです。

貯金する時どうしていますか?毎月の給料、収入からちょっとずつでも引いて貯めていますよね?

それと同じです。歯を食いしばって頑張る事、努力をする事は誰にでもでき、生き物に等しく与えられた物です。

何がいけないのか、何が自分に足りないのか、考えればいいんです。考えて分からなかったら聞けばいいんです。知るは一時の恥、知らぬは一生の恥とはよく言ったものです。

 

例えば、外見にコンプレックスを持ってる方。

目が一重、鼻が低い、顔が大きい、背が小さい、色々あると思います。

では自分の憧れの人、もしくは自分がかっこいい、可愛いと思う人と自分の顔を比べて何が違うのか、どうすればいいのか。分析すればいいんです。

それを補う為のお化粧です。メイクアップの意味をよく考えて見て下さい。やり方は幾らでもあります。

 

勉強ができない、頭が悪い、覚えが悪いと言われ諦めている方。

今まで生きてきてどれだけ勉強しましたか?あなたが知っている勉強のできる頭のいい人は人目に付かないような所で猛勉強をしているのかもしれません。

あなたがゴロゴロしている時間やスマホを触っている時間に、御飯を食べる時間やお風呂に入る時間も惜しんで毎日努力をしているのかもしれません。

 

片想いをしている方、恋人に振られてしまった方。

何か自分に至らない点は無かったでしょうか?その人に振り向いてもらえるような魅力や感性は持っていますか?

その人がどういう人が好みなのか知っていますか?相手と自分をよく分析するんです。

そして何度も何度もシュミレーションをするんです。

人生の初デートを思い出して下さい。

デート前に 明日はここに行ってこれをしようと緊張しながら考えませんでしたか?

 

不思議な事に何かに向かって頑張っている人、努力している人、は自然と人の目に止まるんです。だから魅力を感じるんです。

 

人生上手くいかない、あいつはクソだ、と思い同じような気持ちを持った人とつるめば、傷の舐め合いになりどんどん負のスパイラルにハマっていきます。

 

叱られたりしても反省と前向きな姿勢や気持ちを持ち再び継続していれば、叱った側も「おぉ、何だこいつ」と思い、目を掛けたくもなります。

初めから上手くできる人なんて殆どいません。

少なくとも僕は何一つ出来ませんでした。

 

皆さんには自分が知らない魅力がたくさんあると思います。

諦めないで下さい。努力はいつか必ず実を結びます。僕はそれを身を以て知っています。

 

僕がその事に気付いたのは小学生の頃くらいですが、現在自分と同じ年齢なのにも関わらず気付けない、気付いてない愚かな人間もいます。

 

人間は個性が大事なんて言いますが、そんな物はとりあえず二の次です。まずは基礎を作ってからです。

 

きっとこれを見て思う事は様々でしょう。

「なんだこいつ偉そうに」だとか「それは違うんじゃない?」と思う事があるかもしれません。いえ、あるでしょう。

これは僕自身が思った、今まで体験してきて感じた事です。

過去の僕と同じような人間が居たら、これを読んで元気になって欲しい。やる気になって欲しい。と思い、書きました。

 

こんなに威勢よく書いた後で書くのも気が引けますが、僕は自分に自信なんてこれっぽっちもありません。

人の目をすぐに気にします、他者が自分の事をどう思っているのか気になります、怖いです。御世辞を言われるのも悲しくなります。

 

しかしだからこそ、今の保守的な自分にいつの日かさよならを言える日が来ると信じて努力を続けています。

人生は長いです。

人目に付かないように努力していた筈なのに知られていた、気付いたら周りの沢山の人が自分を支えてくれているなんて有り得る話です。

 

小さな目標でもいいんです。

2キロ痩せる、単語を一つ覚える、毎日教科書を音読する、ストレッチをする等、何でもいいんです。

塵は積もれば山となるんです。

 

中には時間が解決してくれる問題もあります。

しかし学ぶ事を怠ってはいけないと思います。

老人、自分の後輩、自分の子ども、などから学ぶ事もあるかもしれません。

 

折角なんですから同じ人間同士、頑張っていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

追記

 

拙い文章である事、僕個人の感性を押し付けた事についてお詫び申し上げます。

誠に申し訳御座いませんでした。

 

前投稿のようによく分からない物やこいつやっぱり頭おかしいなと思う投稿がこれからも度々あるかとは思いますが (笑)、よろしければたまにふらっとお読みになられて下さい。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

「 ゲリラ 」

ドアの開く音がする。玄関を見るとズブ濡れの彼女がヒールを脱いでいる。どうやらゲリラ豪雨にやられたらしい。
僕は『おかえり、そのままお風呂に入りなよ』と言ってタオルを渡す。すると、

「その前におかえりのちゅーは?」と彼女は言う。白く透き通った肌にいつも違う濡れた髪、地味に香るシャンプーの匂いでやたらと色っぽい。僕はいつも通り『はいはい』と笑いながらキスをし、濡れた彼女を抱く。

あぁ。今日の君も素敵だ。