短編

「 ゲリラ 」

ドアの開く音がする。玄関を見るとズブ濡れの彼女がヒールを脱いでいる。どうやらゲリラ豪雨にやられたらしい。僕は『おかえり、そのままお風呂に入りなよ』と言ってタオルを渡す。すると、 「その前におかえりのちゅーは?」と彼女は言う。白く透き通った肌…